教科書無償給与の仕組み

仕組み解説

国による教科書の購入
文部科学省は、無償措置法の定めるところにより、採択された教科書について、発行者と 購入契約を締結します。(図@)
教科書の購入については、文部科学大臣は発行者に対し、一定の割合で教科書使用年 度の前年に、購入費の一部を予め支払うことができることとなっています。

発行者による教科書の送付
発行者は、特約供給所、大取次、取次供給所等の教科書供給業者に依頼し、作成した教 科書を各採択数に応じて全国各地に送付します。(図A)
送付された教科書は、通常、取次供給所に保管され、学校に納入するための準備が行わ れます。

学校の設置者からの取次供給所への納入指示
無償給与の仕組みからみると、教科書は、国から学校の設置者へ無償給付されることとな ります。(図3) これらの設置者および国立大学等は、発行者の供給代行者である取次供給所に対し、教 科書の納入について、その冊数、場所、期日等を指示します。

児童・生徒への教科書の給与
取次供給所は、納入指示に基づき各学校へ教科書を納入します。(図C)
納入された教科書は、児童・生徒に給与されますが、その際校長は、教科書の無償給与の 趣旨を児童・生徒に十分説明して給与することとされています。(図D)

※主な根拠法令
無償措置法 第1条、第3条、第4条、第5条、第6条
無償措置法施行令 第1条
無償措置法施行規則 第1条
会計法 第22条
予算決算及び会計令臨時特例 第3条

TOPへ